小さいくせにぜんぶある。惑星コトウラ 小さいくせにぜんぶある。惑星コトウラ

惑星コトウラとは

小さいくせに、ぜんぶある。
惑星コトウラ

鳥取に浮かぶ、小さな星。
その名は惑星コトウラ。
私たちがこの町を、こんなふうに呼ぶのは、
町全体が、まるでひとつの星のように、
多彩な恵みにあふれているから。
食も、景色も、そして人も。
どこを切っても、ワクワクがつまってる。
一年じゅういろんなところに旬がある。
だから食べるたび、歩くたび、新しい発見がある。
旅の途中でこの惑星を見つけたら、
ふらりと訪れてみてください。
きっと未知との出会いが待っているから。

琴浦町は、鳥取県のほぼ中央に位置する、小さな町です。
いつも町の人たちから聞こえるのは「あれもない」「これもない」という声。
本当に何もないのか。

町民の方々と一緒になって、この町の未来を考え、見つめ直してみました。
ないものを探す視点から、あるものを探す視点に切り替えたとき、当たり前と思っていたものが、実は宝物で、本当にたくさんあり、そして揃っていることに気づきました。

鳥取を代表するお肉や牛乳などの畜産物をはじめ、日本海に育てられたトビウオや白イカといった魚介類、雄大な大山の裾野で育てられた梨、ミニトマトといった農産物、また、のびのびと笑顔で過ごす子どもたちや、地元では当たり前だった海岸を観光地にしたステキな人たち。

それは、まるで町全体が、ひとつの星のように。
みんなの思いを一つにするために、惑星コトウラは生まれました。

このシンボルを元に、
「安心できる子育て、ふるさとを思う教育」
「いつまでも健康、全世代が活躍」
「産業全体の振興、循環」
「観光で誘客、産業全体の活性化」
「暮らし続けられ、そして選ばれる町」
の5つのテーマに添った施策を展開し、5年後には「住んで楽しいまち」を実現します。

まずは、「食」と「旅」に焦点をあてた、二つのプロジェクトが始動します。「食」プロジェクトでは、この町の強みである「食」を生かし、一年を通して四季折々の食材とレシピを紹介します。春からは、自然の景観を生かした、「旅」プロジェクトがスタートします。
この惑星ではじまるワクワクに、ご期待ください。