kawamotok-banner

河本家の由来と歴史

 河本家が赤崎に移住するようになったのは、尼子氏の重臣であった河本弥兵衛隆任が、 月山城の落城の際に落ち延びてきてからで、元亀2年(1571)の頃である。 元和三年(一六一七)、二代目の助次郎の時に江戸の名僧霊
巌上人が赤崎村に巡錫して来た際、助次郎は上人に寺を建立することを請願し、専称寺を建てた。以来、河本家は専称寺の壇徒総代を勤めている。

 その後、松江城主の堀尾家が三代忠晴の時に絶家になった頃のこと、初代吉晴の孫の菊姫が伯耆国にやって来て、河本家三代目の長兵衛の妻となった。菊姫と長兵衛とは血縁関係にあったのである。幸い二人の男の子が生まれたので、長男に堀尾姓を名乗らせ、次男の甚右衛門に河本家を継がせた。
 その頃、明暦三年(一六五七)に江戸で大火事が起こり、鳥取藩の藩邸も焼けてしまったため、鳥取藩は堀尾長兵衛に材木の調達を命じた。長兵衛は和泉国堺から大型の船を購入してその任務に当り、甚右衛門も兄の仕事を助けた。この時に菊港が大幅に改修された。現在の「菊港」という呼び名はそのゆかりからである。

 河本家が赤崎村から今の篦津に移って来たのは五代目の弥三右衛門の時で、寛文年間(一六七〇頃)のことである。以来、公儀の大庄屋の仕事を代々勤め、八橋郡の地方行政の中心的な役割を果たすと共に、豪農としての地歩を築いて来た。幕末になって海岸整備が厳重となり、赤崎にも砲台が備えられると、その取締役を命じられた通繕は、自ら砲術の習得にも努めた。幕末の鳥取藩主の池田慶徳は、地方巡視の際に河本家に立ち寄って休憩をしたりしている。

kawamoto_kakeizu

 

河本家住宅の特色

 国の指定重要文化財となった河本家住宅は、昭和五十三年度の屋根葺替えの際に、棟札の調査で貞享五年(一六八八)の建築と分かった。当時の当主は五代目の弥三右衛門で、篦津に移って来てから約二十年後のことである。
 現在は変形六間取りとなっているが、もとは広間型五間取りであったと思われる。屋根は茅葺きで箱棟が乗っており、小屋組みは合掌作りである。また、炊事場の竈の上を壁土で覆った煙返しは、防火施設として珍しいものである。

河本家住宅 家屋平面図<br> 国指定重要文化財該当部分(H22年12月24日指定)

河本家住宅 家屋平面図   国指定重要文化財該当部分(H22年12月24日指定)

河本家住宅 客間

「次の間」から「客間」及び南と北の両側の庭を眺める

『離れの間』 瀟洒な欄間に気品が漂う

『離れの間』 瀟洒な欄間に気品が漂う

 

 

学問を重んじた河本家

  河本家には、文人画家の池大雅の筆になる屏風が所蔵されており、大雅が出雲へ行く道中に立ち寄ったと言い伝えられている。宝暦年間(一七六〇年頃)のことであるから、七代目藤兵衛の時代のことである。藤兵衛には文雅の嗜みがあった。
 十二代目の伝九郎通繕は赤崎砲台の取締役を勤めたり、尊皇攘夷運動に志す一方、和歌や華道などにも精進し、水戸学にも関心を寄せていた。河本家に所蔵されている「礼儀類典(五一四冊)」は、水戸光圀が編集した全国的にも貴重な書籍であるが、この通繕が晩年に求めたものである。
 十三代の芳蔵は居宅に「稽古有文館」という館号を付け、多くの書物を購入し、学問に励んだ。現在も所蔵されている貴重な和書の数千冊は、芳蔵が求めたものである。芳蔵の弟の才蔵も好学の人で、大阪の藤沢南岳や東京の根本通明の塾に遊学した。
 十四代の猷蔵は父の期待に応え、東京帝国大学で東洋史を修め、友人に和辻哲郎をもつなど、学者の道に進むことも出来たが、由緒ある河本家の家業を継ぐことを自分の任務として、東大を卒業すると同時に帰郷してしまった。以来、終戦後の混乱期にあってもよくその責任を果たした。河本家が旧観のまま、今日まで保ち得たのは、猷蔵の功績が大きい。

十三代の芳蔵がつけた館号 『稽古有文館』

十三代の芳蔵がつけた館号 『稽古有文館』

 

■施設概要

■名称 国指定重要文化財 河本家住宅 (カワモトケジュウタク)
■住所 〒689-2544 鳥取県東伯郡琴浦町篦津393
■電話番号

琴浦町教育委員会社会教育課  0858-52-1161

【ガイド申込】 琴浦町観光協会 0858-55-7811

■開館日 春期・秋期に2回公開していますが、随時見学も可能です。 (要問合せ)
■入館料 ・一般 300円
・団体 250円(20名以上)
■駐車場 あり ※大型バス2台乗り入れ可能。
■公式サイト http://kawamotoke.com/
■備考

春期・秋期に2回 一般公開をしています。

その他の見学については教育委員会の方へお申し込み下さい。

ガイドご希望の場合は、【琴浦町観光ガイドの会】のページをご覧いただき、琴浦町観光協会へお問合せください。

 

■アクセス

鳥取県東伯郡琴浦町篦津393

■自家用車・マイクロバス・大型バス
河本家住宅 駐車場をご利用ください。
※大型バス 2台 乗り入れ可能

■交通機関

上中村線「篦津」バス停で乗降。

※時刻表はコチラ

 

 

■近隣の観光スポット

塩谷定好写真記念館

菊港・波しぐれ三度笠

光の鏝絵

鳴り石の浜

伯耆稲荷神社

赤碕塔・花見潟墓地

道の駅ポート赤碕
日韓友好交流公園「風の丘」【恋人の聖地】
山陰道 物産館ことうら