花見潟墓地 ~海岸に面した日本最大の自然発生墓地~

花見潟墓地は一カ所の海岸に集中した自然発生墓地です。

ここまでの規模のものは非常に珍しく、海岸に面した墓地としてはきわめて希で日本最大級。「怪談」で有名な小泉八雲も訪れ、「霊気を感じた」」と記しています。

 

花見潟墓地のお盆

二万余基の墓があり、お盆には墓地に灯籠が灯され灯籠の火が花見潟に映え、なんとも幻想的な風景を見せてくれます。

 

 赤碕塔 hanamigata_akasakito
 高さ3.14mで築造年代は鎌倉時代末期、宝篋印塔と宝塔の様式を合わせもつ、この地独特のものです。昭和11年に故川勝政太郎京大教授により命名されました。

 

 河原地蔵尊 IMGP6679

総高四.三メートルの石像で、左手に宝珠右手に錫杖をもち、この地方ではまれに見る大型の地蔵尊です。

河原地蔵尊の名称は、化粧川河口が、現在より広く河原となっており、そこに所在されたことから銘名されたものと思われます。

建立は、西誉求方(法名)という道信者が発願主となり、廻国供養仏として延享四年(一七四七年)に建立されましたが、作者は不明です。

 赤碕殿塚 IMGP6694

赤殿とは鎌倉末期の船上山合戦に北条型方として従軍し、その後当地に住み、地名の「あかさき」を名字としたと伝えられている武将である。

この石造記念日は、文政三年(一八二〇年)に当時の赤崎番所役人 佐桐金左衛門が願主となり、地元の友三良が中心となって再建されたものであり、創建は不明である。

そして、明治三十二年に赤崎村が町政を施行する際に、赤殿家の「」に従い赤町としたが、現在では当用漢字表の「碕」を使用している。

花見潟墓地ギャラリー

 

 

アクセス

鳥取県東伯郡琴浦町赤碕

■アクセス

JR赤碕駅より徒歩約10分
中国道「落合JCT」ー米子道「湯原IC」より車で約60分
JR鳥取駅より車で約70分、JR米子駅より車で約40分

■近隣の観光スポット

塩谷定好写真記念館

菊港・波しぐれ三度笠

河本家住宅

鳴り石の浜

道の駅ポート赤碕

日韓友好交流公園「風の丘」【恋人の聖地】
物産館ことうら