「琴(こと)浦(うら)」とは、かつて琴浦町の海岸一帯が「琴ノ浦(ことのうら)」と呼ばれていたことに由来しています。「琴ノ浦」は別名「方見ノ浦(かたみのうら)」とも呼ばれ、身代の昔、天照大神が国ゆずりのために派遣した言問(こととい)の使いが、天より降ってこられた場所であるとの伝説から、「言問ノ浦(ことといのうら」と言われていたものが後世に言問が縮まって「言ノ浦(ことのうら)」となり、さらに「言」が「琴」に変化して「琴ノ浦」となったと言われています。また、このほかに海岸に寄せては返す波の音が琴を弾いた音のようであったとのことから「琴ノ浦」と呼ばれるようになったともいわれています。
ことうらの歴史
伯耆三山
(船上山・大山・三徳山)

ことうらの観光名所
歴史探訪
自然探訪
体験型観光
その他
光の鏝絵
日韓友好交流公園
 風の丘【恋人の聖地】
神崎神社
塩谷定好写真記念館
旧中井旅館
鳴り石の浜
めで鯛ストラップ
 
 
・道の駅ポート赤碕
物産館ことうら
・伯耆稲荷神社

琴浦町観光ガイドの会

琴浦町観光パンフレット
琴浦町観光パンフレット


「琴浦さん」名刺
めで鯛ストラップ販売中!!
三宝神社 神崎神社
塩谷定好写真記念館
「琴浦さん」名刺




★琴浦町観光協会

〒689-2501
鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1140-1
TEL:0858-55-7811
FAX:0858-55-7558

お問い合わせ
波止の祭り

赤碕波止の祭り「赤碕波止のまつり」は、毎年7月27日・28日に行われる、神崎神社例大祭に合わせたイベントで、約50年の歴史があります。
 27日の前夜祭では、赤碕菊港で花火大会とステージイベントが行われ、夏の夜を楽しめます。波止から打ち上げられる花火は、間近で見られ、炸裂音とともに迫力があります。色とりどりの花火が舞い上がり、海面に映し出される景色はとても綺麗です。 
 28日の例大祭では、船御幸が行われます。神崎神社の神輿や神官などを漁船に乗せ町内沖を一周し豊漁と安全を祈ります。赤碕のほとんどの漁船が大漁旗などをなびかせ隊列に加わる壮大なものです。帰港後は神輿が町内を練り歩きます。

波止のまつり

★2014年7月27日(日)花火大会@菊港


17:30〜
19:20

開会

ダンス
spirit (Pinky Ring)
follow me (Pinky Ring)
Berzerk (Pinky Ring)
スパイスG
LOVE EARTH
LUVIS
Divrダンススタイル

波止のまつり

19:00〜
19:20

【和楽器演奏】因伯音

19:20〜
20:00

【パフォーマー】大道芸人チャーリー

波止のまつり

20:00〜
20:40

花火   3,200発

花火の前にカウントダウンを行います。

波止のまつり

☆駐車場:赤碕小学校校庭、鳥取部品駐車場他

☆通行規制:18:00〜21:30【車両通行止】
 県道大栄赤碕線 赤碕地区公民館〜東三軒屋公民館前
 臨港道路    化粧川〜東三軒屋公民館前

☆花火打上時立入禁止区域:菊港東側突堤の御旅所から先、菊港西側の船揚場

*大変ご迷惑・ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。 周辺の係員の指示に従ってください。

★7月28日(月)船御幸・おみこし

船御幸@赤碕本港 午後1時〜
赤碕本港にて船御幸が行われます。赤碕の漁船が大漁旗を隊列に加わり、壮大に行われます。
ご希望の方は乗船できます。

おみこし@赤碕地内 午後2時〜
船御幸終了後、赤碕地内をみこしが練り歩きます。


■2013年のチラシ■

チラシ(日程・地図等)PDF

チラシ(協賛者一覧)PDF

波止のまつりの花火打上やイベントなどは協賛金によっておこなっています。
今年もたくさんの町内外の企業・団体・個人の皆さんにご協賛いただきました。本当にありがとうございました。


 

琴浦の食事
牛骨ラーメン
スイーツ
琴浦町内の食事処

車にて
琴浦滝めぐり
海岸コース
赤碕コース
東伯コース

徒歩にて
八橋城コース
船上山ダム周辺コース
斎尾廃寺跡コース
琴浦うまいもんコース
琴ノ浦コース
河本家・光の鏝絵コース
古布庄巨木コース
太平記コース
天皇水コース
風車エココース
大山・川床コース


とっとり梨の花温泉郷

とっとり梨の花温泉郷ブログ


梨の花 合宿ゼミwebガイド
梨の花 合宿ゼミwebガイド
牛骨ラーメン瓦版

辰年)因幡伯耆國開運八社巡り